練習記録、レースレポート等

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- (--) ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒルクライムinダルガ峰

ヒルクライムinダルガ峰に出走してきました。
昨年、長らくのブランク開け初戦で初優勝できたこのレース。
前回は復帰1ヶ月後での出走だったので、今回は昨年のタイムは何が何でも更新しておきたいところ。

3時15分に起床。
出発前に、河合さんから頂いた乗鞍DVDを見ながら、軽くエアロバイク17分。寝ぼけていた頭に喝を入れておきました。

4時25分自宅発。中国道、鳥取道経由で7時現地着。早めに着いたので、車で全コースの下見。所々に落石があったので、適当に除去しておきました。

車で下見
111002_0736~01

気温がかなり低く、アーム+ニーウォーマー、軍手でレースに臨む事に。スタート前にコース序盤をアップがてらに流しましたが、脚は軽くなく、絶好調とは言い難い…。火曜の追い込みの疲れが未だに少し残っている感じで、やや不安。

定刻15分遅れの10時ちょうどに、私の出るオープンA(20歳代)のクラスがスタート。

スタート直後
t_IMG_9143.jpg

最初はやや抑えて様子見。一人が飛びだして、15m程後続に差を付けます。私は追走集団3番手くらい。やがて単独逃げの方も吸収されて、私、ゼッケン17番氏との3名パック形成。

トンネル手前で私が先頭に出ましたが、トンネルを出てから激坂入り口までは急な下り。下りを先頭で走るのはイヤなので、車を下げて17番氏に先に行ってもらいます。下りきって、激坂入り口で先ほどの単独逃げの方も追いついて、再び3名パック形成。しかし、逃げの方は呼吸が苦しそうで、程なくして切れてしまいました。

以後、17番氏とのマッチレースの展開。かなり長い間、後ろにピッタリマークされていましたが、気にせずマイペースで進行。激坂区間終盤で、何とか17番氏を引き離す事に成功。
私の方も疲れてきて速度が落ちてきたので、後ろが気になり何度も振り返って確認しますが、差は徐々に拡がっている模様。そうなれば、後は時計との勝負。個人TTよろしく、気持ちを切らさないよう、全力で突き進みます。

激坂区間終了直後
DSC_4467.jpg

後半の平坦基調の区間で、かなり大きい牡鹿が横切って怖かったです(汗)。幸い、茂みの方に逃げて事なきを得ましたが。去年の試走で、鹿に激突して落車負傷したイヤな記憶が蘇ってきます。鹿が飛び出してきそうな下り区間では奇声を出して、威嚇しておきました。

終盤に時計を確認すると、ギリギリ40分切れるか?という感じだったので、ゴールまでもがき倒し、なんとか1着でゴールできました。

ゴール地点
111002_1051~01

レッドさんゴール
111002_1053~02

結果 オープンA(20歳代)1位(優勝)/16名 タイム39分39秒802

最低限のノルマであった昨年のタイム更新、おまけに40分も切れて、タイム的には満足。ただし、総合優勝の清水選手とのタイム差は2分11秒。昨年の3分56秒差からは確かに縮める事はできたものの、さすがプロツアー選手は強いですね…。自分がまだまだである事を、改めて思い知らされました。

何とかクラス優勝できました
KC450015.jpg

レッドさん4位入賞、おめでとうございます
KC450019.jpg

島田さん4位入賞、おめでとうございます
KC450024.jpg

走行距離36.1km。
スポンサーサイト
[ 2011/10/02 (日) ] レース | | コメント(8)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。