練習記録、レースレポート等

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- (--) ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

明日香ヒルクライム

明日香ヒルクライムに出走してきました。

3時半起床。出発前に、エアロバイク30分12.2km。
4時45分自宅発。南阪奈道路経由で、5時45分現地着。道が空いており、思いの外早く着きました。当然、会場はまだ暗闇の中。
受付を済ませた後、7時まで車でうたた寝。

開会式後、係員の誘導の下、第1ヒートのスタート地点まで移動。
私は2組目でのスタート。インナー高回転でスタートダッシュを掛けるも、すぐに数名に抜かれました。そのまま3名が飛び出して、みるみる後続に差を拡げていきましたが、とても付くのは無理(汗)。

4番手で単独追走するも、最後の方は全く姿が見えないほどに差を付けられて、結局N氏、AVELのお二方に続き同組4位で第1ヒート終了。

心配していた路面は、第1ヒート区間、ニュートラル区間共に綺麗に清掃して下さったようで、安心して走る事ができました。
今回はパンク修理してでも完走する腹づもりだったので(万一パンクして収容車待ちということになったら、凍えてしまう)、サドルバッグ、携帯ポンプを搭載してレースに臨みましたが、どうやら杞憂だったようです。

慎重にニュートラル区間を下って、第2ヒートのスタート地点へ。
第2ヒートは、自分の好きなタイミングでスタートする方式で、戸惑いました。脚の回復を図るために、少し休憩を入れた方が得策か、とも一瞬思いましたが、あまりに間隔が空きすぎては、脚が冷えるデメリットの方が大きいと考え直し、できるだけ早くスタートする事にします。

N氏が真っ先に出られましたが、とても付いて行く事が出来ないと思われるので、スルー。間もなくしてAVELのお二方が出発したので、私もほぼ同時にスタート。
意外と脚に力が入り、良く回ります。しかし、先を行くN氏はあまりに速すぎて、みるみるうちに遠ざかっていきました。

後半に入って、ややタレてきて減速。すかさずAVELの1名にパスされ、程なくもう1名にもパスされてしまいました(涙)。結局、差し返す事は出来ずに、そのまま第2ヒート終了。

ゴール後の集合場所で
PA0_0018.jpg

20111206_4779478.jpg
(河合さんよりお借りしました)

ゴール後の集合場所で、皆様と歓談。
タイム計測を忘れたので、自分の成績が皆目見当が付かなかったのですが、下山後にリザルトを見てびっくり、4位入賞していました

結果
第1ヒート 5位/94名 タイム13分03秒530(TOP+46秒)
第2ヒート 4位/92名 タイム11分22秒944(TOP+49秒)
トータル 4位(入賞)/92名、タイム24分26秒474(TOP+1分28秒)。

上位の3名には第1、第2ヒート共に全く歯が立たなかったですが、自分の力は出し切ったので、悔いはないですね。今回が20代最後のレースでしたが、まあまあいい感じで締めくくれたかな?

男子B表彰式
20111204194423f7ds.jpg
(タッキーさんよりお借りしました)

男子Cでは、戦前の予想通り河合さんが見事クラス優勝されました。さらに鍋谷ストさんが2位、岩城店長が3位と続かれて、水越朝練組の1-2-3独占となりました。皆様、おめでとうございます

男子C表彰式
PAP_0007-1.jpg

表彰式、ジャンケン大会を済ませ、会場を後にしました。

まだ走り足りないので、女寄峠(みよりとうげ)コースに行ってみます。
頂上付近に車を駐め、スタート地点へ。

女寄峠スタート地点
PA0_0001.jpg

序盤は勾配は緩めで、20km/h台後半で高速巡航。登坂車線が現れる頃からグンと勾配がキツくなってきます。
さすがにレース疲れが残っていて脚は重かったですが、一応ゴールまではタレずに走りきりました。
タイム12分31秒(初)。

女寄峠ゴール地点
PA0_0000.jpg

走行距離32.9km。
スポンサーサイト
[ 2011/12/04 (日) ] レース | | コメント(6)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。