練習記録、レースレポート等

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- (--) ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

法恩寺山ヒルクライム(前日編)

今週は連闘で、法恩寺山ヒルクライムに参戦。
13時15分、福井に向けて自宅発。

近畿道~第二京阪~京滋バイパス~名神~北陸道経由。
3回ほど休憩を入れ、17時過ぎに宿着。

今日の宿は福井城趾のお堀端。

ホテルから
120519_1722~01

暇だったので、ブラブラ福井城趾~福井駅前を散策。

福の井(福井城趾)
福井の地名の由来となった井戸らしいです。
120519_1746~02

本丸の石垣
120519_1748~01

御廊下橋
120519_1752~01

22時頃就寝。
[ 2012/05/19 (土) ] レース | | コメント(0)

ちくさ高原ヒルクライム(春)

春のちくさ高原ヒルクライムに出走してきました。

4時半起床で、4時55分自宅発。
道はガラ空きで、7時45分位には現地に到着。
道中、車の温度計が6℃まで下がり、酷寒のレースを覚悟しましたが、時間が経つにつれ気温は急上昇し、一安心。
出走手続を済ませた後、コースを数回往復し、アップ完了。

レース会場、良い天気に恵まれました
DSC_4633.jpg

1本目は定刻通り9時にスタート。
序盤は、ねこさんとローテーションして、集団の先頭に付けます。
緩斜面区間の終盤で、4,5名が飛び出し、後続に差を付けていきましたが、ペースが速すぎる感じだったので無理に追わず、マイペース堅持。

本格的な上り区間に入ると、1人、また1人と落ちてきたのでパスしていきます。しかし、先の方で、1人が単独で猛加速していき、みるみる差が拡がっていくのが見えました。
余りのスピードの違いに、追う気力は全く涌かず

間もなく追いついた高校生と、ちょうどペースが合う感じだったので、一緒に上っていくことにします。ゴールまでこの高校生とマッチレースのような展開になりましたが、最後は差されて、1秒差くらいで3着ゴール。

マッチレース
DSC_4656.jpg

2本目があることを考えると、スプリントで無理に脚を使えません。ここはジッと2本目での逆転2位を狙います。
単独アタックされた方は、コースレコードでダントツの1着だった模様(驚)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2本目は10時40分のスタート。
1本目の勾配がキツくなるところから始まるので、集団走行の駆け引きも無く、いきなり根比べといった感じ。

程なくして、やはり1本目1着の方がもの凄い勢いで飛び出していきましたが、とても追えるようなスピードではありません…。
続いて、先ほどの高校生と、ゼッケン51番氏がパックで後続に差を拡げていきます。
私は、1本目の疲れが取り切れていないのか脚が重く、間を開けての4番手追走が一杯一杯

2本目、一杯一杯です…
DSC_4716.jpg

結局、前には追いつくことは出来ずに、2本目は4着ゴール。

総合タイムで3位に入れるかかなりきわどく、リザルトが発表されるまで緊張しましたが、辛くも4秒差で逃げ切っていました

結果
1本目 3位/50名 タイム32分56秒013(TOP+1分07秒)
2本目 4位/50名 タイム23分03秒526(TOP+1分26秒)
トータル 3位(入賞)/50名 タイム55分59秒539(TOP+2分34秒)

表彰台ゲット
DSC_4744.jpg

得意だと思っていた2本目で脚が重く、案外伸びなかったのが残念。
これはやはり、乗り込み不足が響いているのでしょう。
しかし、総合の自己タイムは大幅に更新できたし、現時点の力は十分出し切れたと思います。

取りあえず、来週の勝山に向けて弾みはついたかな~

走行距離 45.4km
[ 2012/05/13 (日) ] レース | | コメント(8)

明日香ヒルクライム

明日香ヒルクライムに出走してきました。

3時半起床。出発前に、エアロバイク30分12.2km。
4時45分自宅発。南阪奈道路経由で、5時45分現地着。道が空いており、思いの外早く着きました。当然、会場はまだ暗闇の中。
受付を済ませた後、7時まで車でうたた寝。

開会式後、係員の誘導の下、第1ヒートのスタート地点まで移動。
私は2組目でのスタート。インナー高回転でスタートダッシュを掛けるも、すぐに数名に抜かれました。そのまま3名が飛び出して、みるみる後続に差を拡げていきましたが、とても付くのは無理(汗)。

4番手で単独追走するも、最後の方は全く姿が見えないほどに差を付けられて、結局N氏、AVELのお二方に続き同組4位で第1ヒート終了。

心配していた路面は、第1ヒート区間、ニュートラル区間共に綺麗に清掃して下さったようで、安心して走る事ができました。
今回はパンク修理してでも完走する腹づもりだったので(万一パンクして収容車待ちということになったら、凍えてしまう)、サドルバッグ、携帯ポンプを搭載してレースに臨みましたが、どうやら杞憂だったようです。

慎重にニュートラル区間を下って、第2ヒートのスタート地点へ。
第2ヒートは、自分の好きなタイミングでスタートする方式で、戸惑いました。脚の回復を図るために、少し休憩を入れた方が得策か、とも一瞬思いましたが、あまりに間隔が空きすぎては、脚が冷えるデメリットの方が大きいと考え直し、できるだけ早くスタートする事にします。

N氏が真っ先に出られましたが、とても付いて行く事が出来ないと思われるので、スルー。間もなくしてAVELのお二方が出発したので、私もほぼ同時にスタート。
意外と脚に力が入り、良く回ります。しかし、先を行くN氏はあまりに速すぎて、みるみるうちに遠ざかっていきました。

後半に入って、ややタレてきて減速。すかさずAVELの1名にパスされ、程なくもう1名にもパスされてしまいました(涙)。結局、差し返す事は出来ずに、そのまま第2ヒート終了。

ゴール後の集合場所で
PA0_0018.jpg

20111206_4779478.jpg
(河合さんよりお借りしました)

ゴール後の集合場所で、皆様と歓談。
タイム計測を忘れたので、自分の成績が皆目見当が付かなかったのですが、下山後にリザルトを見てびっくり、4位入賞していました

結果
第1ヒート 5位/94名 タイム13分03秒530(TOP+46秒)
第2ヒート 4位/92名 タイム11分22秒944(TOP+49秒)
トータル 4位(入賞)/92名、タイム24分26秒474(TOP+1分28秒)。

上位の3名には第1、第2ヒート共に全く歯が立たなかったですが、自分の力は出し切ったので、悔いはないですね。今回が20代最後のレースでしたが、まあまあいい感じで締めくくれたかな?

男子B表彰式
20111204194423f7ds.jpg
(タッキーさんよりお借りしました)

男子Cでは、戦前の予想通り河合さんが見事クラス優勝されました。さらに鍋谷ストさんが2位、岩城店長が3位と続かれて、水越朝練組の1-2-3独占となりました。皆様、おめでとうございます

男子C表彰式
PAP_0007-1.jpg

表彰式、ジャンケン大会を済ませ、会場を後にしました。

まだ走り足りないので、女寄峠(みよりとうげ)コースに行ってみます。
頂上付近に車を駐め、スタート地点へ。

女寄峠スタート地点
PA0_0001.jpg

序盤は勾配は緩めで、20km/h台後半で高速巡航。登坂車線が現れる頃からグンと勾配がキツくなってきます。
さすがにレース疲れが残っていて脚は重かったですが、一応ゴールまではタレずに走りきりました。
タイム12分31秒(初)。

女寄峠ゴール地点
PA0_0000.jpg

走行距離32.9km。
[ 2011/12/04 (日) ] レース | | コメント(6)

ちくさ高原ヒルクライム

ちくさ高原ヒルクライムに出走してきました。

3時半起床。4時半には自宅を出発する予定が、準備にもたつき、5時自宅発。8時頃現地着。現地は今にも雨が降りそうな曇天。出走手続、準備などしていたら、あっという間に召集時刻になってしまいました(汗)。アップする余裕時分は無く、1本目のスタート地点まで下ります。

定刻通り、9時に1本目のスタート。序盤はごく緩い上りで、集団走行に。早々に、ビターさんが単独抜け出す形となりましたが、集団は様子見といったところ。間もなくビターさんも集団に吸収されます。
私も徐々に前方に上がって行って、先頭を伺う格好。pippoさんと先頭争いしているうちに、いつの間にか集団が絞られて、pippoさん、harriesさん、ゼッケン18番氏と私の4名パックになっていました。

1本目先頭集団
tikusa.jpg

しかし、どうもオーバーペースだった模様で、中盤を過ぎてから段々とキツくなってきました…。このペースでは到底最後まで持たない、と悟った時は既に遅く、間もなく脚が終わって3名から落伍。スキー場手前からは、後続にも次々にブチ抜かれて行き、結局ベロベロのまま1本目は10位でゴール。

1本目、スキー場前通過
DSC_4474.jpg

1本目は先頭に喰らい付いていく方針で行きましたが、残念ながら上位陣との力の差は歴然で、これは無理がありました。よって2本目は方針転換。最初から最後までマイペースで行く事にします。
1本目の失敗を、すぐに2本目で挽回するチャンスが与えられているのが、このレースの醍醐味。

30分ほどの休憩後、2本目のスタート地点まで下ります。2本目は、1本目のコース中盤からのスタート。1本目序盤のダラダラ上りが無いので高速集団走行にはならず、こちらの方が気楽に臨めます。

10時半過ぎに2本目がスタート。抑え気味に走っていても、1本目よりは楽に先頭集団について行けます。間もなくジワリとharriesさん、pippoさんが抜け出して行きましたが、追わずにマイペース維持。3番手で追走を続けます。前方でpippoさんがやや遅れたのが見えました。とりあえずpippoさんを目標にして進みますが、差は一向に縮まりません。

ラスト1km余りのスキー場前で、追走集団は、私、ビターさん、17番氏、18番氏の4名に絞られました。ゴールまでの激坂区間で18番氏と抜けだして根比べになりましたが、脚が一杯になって脱落。結局、4位でフィニッシュ。

2本目、ラストの激坂区間に臨む追走集団

DSC_4481.jpg

先頭を追う追走集団
DSC_4484.jpg

結果
1本目 10位/46名 タイム35分44秒495(TOP+2分52秒)
2本目 4位/46名 タイム23分05秒505(TOP+33秒)
トータル 7位/46名 タイム58分50秒000(TOP+3分25秒)

1本目での失速は痛かったですが、先頭集団に喰らいついて行った結果の玉砕だったので、悔いは無いですね。
上位陣との地力の差を認識出来たので、今回の結果を糧にして、また次戦までボチボチ上げていこうかと思ってます。

走行距離40.6km。
[ 2011/10/23 (日) ] レース | | コメント(4)

ヒルクライムinダルガ峰

ヒルクライムinダルガ峰に出走してきました。
昨年、長らくのブランク開け初戦で初優勝できたこのレース。
前回は復帰1ヶ月後での出走だったので、今回は昨年のタイムは何が何でも更新しておきたいところ。

3時15分に起床。
出発前に、河合さんから頂いた乗鞍DVDを見ながら、軽くエアロバイク17分。寝ぼけていた頭に喝を入れておきました。

4時25分自宅発。中国道、鳥取道経由で7時現地着。早めに着いたので、車で全コースの下見。所々に落石があったので、適当に除去しておきました。

車で下見
111002_0736~01

気温がかなり低く、アーム+ニーウォーマー、軍手でレースに臨む事に。スタート前にコース序盤をアップがてらに流しましたが、脚は軽くなく、絶好調とは言い難い…。火曜の追い込みの疲れが未だに少し残っている感じで、やや不安。

定刻15分遅れの10時ちょうどに、私の出るオープンA(20歳代)のクラスがスタート。

スタート直後
t_IMG_9143.jpg

最初はやや抑えて様子見。一人が飛びだして、15m程後続に差を付けます。私は追走集団3番手くらい。やがて単独逃げの方も吸収されて、私、ゼッケン17番氏との3名パック形成。

トンネル手前で私が先頭に出ましたが、トンネルを出てから激坂入り口までは急な下り。下りを先頭で走るのはイヤなので、車を下げて17番氏に先に行ってもらいます。下りきって、激坂入り口で先ほどの単独逃げの方も追いついて、再び3名パック形成。しかし、逃げの方は呼吸が苦しそうで、程なくして切れてしまいました。

以後、17番氏とのマッチレースの展開。かなり長い間、後ろにピッタリマークされていましたが、気にせずマイペースで進行。激坂区間終盤で、何とか17番氏を引き離す事に成功。
私の方も疲れてきて速度が落ちてきたので、後ろが気になり何度も振り返って確認しますが、差は徐々に拡がっている模様。そうなれば、後は時計との勝負。個人TTよろしく、気持ちを切らさないよう、全力で突き進みます。

激坂区間終了直後
DSC_4467.jpg

後半の平坦基調の区間で、かなり大きい牡鹿が横切って怖かったです(汗)。幸い、茂みの方に逃げて事なきを得ましたが。去年の試走で、鹿に激突して落車負傷したイヤな記憶が蘇ってきます。鹿が飛び出してきそうな下り区間では奇声を出して、威嚇しておきました。

終盤に時計を確認すると、ギリギリ40分切れるか?という感じだったので、ゴールまでもがき倒し、なんとか1着でゴールできました。

ゴール地点
111002_1051~01

レッドさんゴール
111002_1053~02

結果 オープンA(20歳代)1位(優勝)/16名 タイム39分39秒802

最低限のノルマであった昨年のタイム更新、おまけに40分も切れて、タイム的には満足。ただし、総合優勝の清水選手とのタイム差は2分11秒。昨年の3分56秒差からは確かに縮める事はできたものの、さすがプロツアー選手は強いですね…。自分がまだまだである事を、改めて思い知らされました。

何とかクラス優勝できました
KC450015.jpg

レッドさん4位入賞、おめでとうございます
KC450019.jpg

島田さん4位入賞、おめでとうございます
KC450024.jpg

走行距離36.1km。
[ 2011/10/02 (日) ] レース | | コメント(8)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。